ココナッツスタジアム

アンダーヘアのセルフケア – チクチクしない自己処理方法と人気のデザイン

ご予約はこちら

アンダーヘアのセルフケア – チクチクしない自己処理方法と人気のデザイン

アンダーヘアのセルフケア – チクチクしない自己処理方法と人気のデザイン

2024/06/02

アンダーヘアのセルフケア – チクチクしない自己処理方法と人気のデザイン

アンダーヘアの処理は、近年ますます一般化してきています。デリケートゾーンの衛生を保ち、見た目の清潔感を高めるために、セルフ処理を行う人が増えています。

しかし、自己処理を行う際には、処理後のチクチク感や肌トラブルに悩むことも少なくありません。

この記事では、アンダーヘアのセルフケア方法について詳しく解説し、特にチクチクしない方法と人気のデザインについて紹介します。

目次

    アンダーヘア処理をした方がよい理由

    デリケートゾーンの蒸れを防ぐ
    デリケートゾーンは、特に女性の場合、生理中の経血やナプキンの装着によって蒸れやすく、かゆみやかぶれといったトラブルが起きやすい部分です。

    アンダーヘアを適度に処理することで、蒸れを防ぎ、衛生的に過ごすことができます。

    衛生的に過ごすことができる
    アンダーヘアが長かったり、量が多いと、経血などの排泄物が付着した際にデリケートゾーンのトラブルを招く恐れがあります。

    アンダーヘアを整えることで、雑菌の繁殖を防ぎ、ニオイやかゆみを予防することができます。

    見た目の清潔さ(きれいさ)が上がる
    アンダーヘア処理の最もわかりやすいメリットは、見た目が美しくなることです。

    特に水着や下着を着用する際に、アンダーヘアがはみ出していると清潔感に欠ける印象を与えがちです。

    アンダーヘアを整えることで、見た目もスッキリし、気持ちよく過ごすことができます。

    アンダーヘア処理には何を使うのがおすすめ?【おすすめの6つのアイテム】

    デリケートゾーン用ソープ
    アンダーヘア処理の前後には、デリケートゾーンをしっかり洗浄しましょう。

    デリケートゾーン専用のソープを使用すると、よりやさしく汚れを落とせます。

    膣内の自浄作用を保つためにも、専用の低刺激ソープを選びましょう。

    ハサミ
    アンダーヘアを短くカットする際に最も手軽なアイテムです。

    ハサミであらかじめ長さや毛量を調整しておくことで、カミソリやシェーバーを使った時の引っかかりを防げます。

    先が丸いハサミを使用することで、肌への負担を減らすことができます。

    電気シェーバー
    肌に与えるダメージが少ないため、デリケートなVIOにも使用できます。

    専用のアタッチメントが付いたVIO専用シェーバーを選ぶと良いでしょう。

    衛生面を考えて、他の部分とは別に専用の物を用意しましょう。

    ヒートカッター
    熱で毛を溶かすようにカットするアイテムで、切り口が丸くなるため、チクチク感を抑えられます。

    ヒートカッターは、特にアンダーヘアを短くしすぎず、自然な仕上がりにしたい場合におすすめです。

    コーム(くし)
    毛流れを整えるためのアイテムです。コームで梳いておくことで、カミソリやシェーバーで剃る際の引っかかりを軽減できます。

    コンパクトなものを選び、専用に用意しましょう。

    保湿剤
    処理後のデリケートゾーンを保湿するためのアイテムです。

    低刺激タイプを選ぶことで、肌トラブルを防ぎ、アンダーヘアのチクチク感をやわらげることができます。

     

    アンダーヘア処理 医師監修おすすめの整え方【完全解説】【自己処理の方法】

    01. アンダーヘア処理の前にデリケートゾーンを洗う
    アンダーヘア処理の前には、デリケートゾーンをしっかり洗っておきましょう。

    泡立てて洗い、抜ける毛は抜いておきます。

    洗う際の順番は、女性器の前から後ろへ、肛門部分は最後に洗うのが基本です。

    02. アンダーヘアの形を決める
    処理を始める前に、アンダーヘアの形を決めておくことが重要です。

    形を決めておかないと、どこまで処理してよいか分からなくなり、つい処理しすぎてしまうことがあります。

    アンダーヘアの形やデザインを決め、イメージを固めてから処理を始めましょう。

    03. ハサミである程度アンダーヘアの長さを短くしておく
    長すぎるアンダーヘアは、電気シェーバーでの処理が難しくなるため、ハサミであらかじめ短くカットしておきましょう。

    この際、残したい部分の毛には手を付けず、毛がつまめる程度の長さを残しておくことがポイントです。

    アンダーヘアの形とデザインの選び方

    アンダーヘアを処理する際には、自分に合った形やデザインを選ぶことが重要です。

    以下に、人気のあるアンダーヘアのデザインをいくつか紹介します。

    トライアングル
    最も一般的な形で、三角形の形をしています。

    ナチュラルながらも整った印象を与えます。

    スクエア
    四角形のデザインで、トライアングルよりもシャープな印象を与えます。

    整った外観が好まれる方におすすめです。

    ハート
    特別なイベントやパートナーへのサプライズとして人気のある形です。

    デザインシートを使って簡単に作ることができます。

    ライン
    非常にミニマルなデザインで、細い一本のラインに整えます。

    セクシーで洗練された印象を与えます。

    ブラジリアン
    全てのアンダーヘアを取り除くデザインです。

    非常に清潔感があり、夏場やビーチでの水着姿に最適です。

     

    アンダーヘアのセルフケアをする際の注意点

    肌に優しいアイテムを選ぶ
    デリケートゾーンは非常に敏感な部分です。

    使用するアイテムは必ず低刺激のものを選び、肌に優しいケアを心がけましょう。

    清潔な環境で行う
    アンダーヘアの処理は清潔な環境で行うことが重要です。

    使用する道具は必ず消毒し、処理後にはデリケートゾーンをしっかり洗浄しましょう。

    定期的なメンテナンス
    一度整えたアンダーヘアも定期的にメンテナンスを行うことで、常にきれいな状態を保つことができます。月に一度程度の頻度でメンテナンスを行うのがおすすめです。

    アンダーヘア処理後のトラブル対策

    保湿を徹底する
    処理後のデリケートゾーンは乾燥しやすくなっています。

    低刺激の保湿剤を使って、しっかりと保湿を行いましょう。

    保湿をすることで、肌トラブルを防ぎ、チクチク感を軽減できます。

    かゆみが生じた場合の対処
    処理後にかゆみが生じた場合は、冷たいタオルで冷やすか、かゆみを抑える専用のクリームを使用します。かゆみが長引く場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

    赤みや炎症が起きた場合
    赤みや炎症が起きた場合は、すぐに処理を中止し、冷やすか、抗炎症作用のあるクリームを使用します。

    症状がひどい場合は、専門医に相談してください。

     

    まとめ

    アンダーヘアのセルフ処理は、デリケートゾーンの衛生を保ち、見た目の清潔感を高めるために重要です。適切なアイテムを使用し、自分に合ったデザインを選ぶことで、快適なセルフケアを実現できます。

    また、処理後の保湿やトラブル対策も忘れずに行いましょう。

    定期的なメンテナンスと適切なケアを行うことで、常に美しく整ったアンダーヘアを保つことができます。

    ----------------------------------------------------------------------
    ココナッツスタジアム
    790-0963
    住所: 愛媛県松山市小坂1丁目1-12 グランシェル12 1F
    電話番号 : 089-945-4989


    松山市で脱毛しつるすべ肌を実現

    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。