BLOG ブログ

部位別に紹介、ハイフによる効果を実感しやすい部位、実感しにくい部位を紹介

部位別に紹介、ハイフによる効果を実感しやすい部位、実感しにくい部位を紹介

切らない脂肪吸引といわれるほどの部分瘦せが可能として注目されているハイフ。今回は、ハイフの基礎知識や期待できる効果、効果を高める方法など、ハイフのお役立ち情報をまとめてみました。

部位別にみるハイフの美容効果

ハイフは、熱エネルギーを利用して肌表面を傷つけずに、肌のたるみを根本的に改善できます。

・リフトアップ
・フェイスラインの引き締め
・小顔
・目元の小じわ
・肌質改善・弾力アップ
・エイジングケア
・ダイエット効果
など、嬉しい美容効果が期待できます。

熱による引き締め効果で自然なリフトアップが可能

ハイフは、高出力の超音波を肌の奥にある皮下組織やSMAS筋膜に一点に集中して照射します。
照射部位を瞬間的に高温にする事で脂肪細胞の破壊が行われ自然なリフトアップが可能です。
施術後すぐに顔が引き締まった!と効果を実感する方もいます。

コラーゲンの生成でハリ感もでる

コラーゲンやエラスチンが生成・増殖するので、施術後は肌の弾力やハリ感がアップ!
熱作用によってお肌の血行促進や新陳代謝もよくなり美肌脱毛が期待できます。
・お肌の透明感がアップ
・キメが整う
・毛穴の引き締め
・アンチエイジング

効果を実感しやすい部位は?

ハイフは、肌の奥にある筋膜にアプローチするので、たるみ改善など期待できます。
効果を実感しやすい部位は、顎下・フェイスライン・ほうれい線などです。

・顎下、フェイスライン
ハイフには脂肪細胞を減少させる効果があるので、顎下のたるみや二重あごが気になる人は効果を実感しやすいと言われています。
たるみが引きあがればフェイスラインや目元もスッキリするので、小顔効果も期待できます。

・ほうれい線
たるみを根本的に改善できるので、気になるほうれい線も目立たなくなり、ハリ・弾力がアップするので、全顔の肌質改善にもなります。

顎下のたるみや二重あごが気になる人は、効果を実感しやすくなります。

小顔効果

二重あご、顎下のたるみ、フェイスラインのもたつきを改善します。
皮下組織と表情筋筋の間にあるSMAS筋が緩むと皮膚がたるみます。
皮膚がたるむと顔が大きく見える事もあります。
ハイフで引き締めることにより、たるみが解消され小顔に見える効果が期待できます。

実感しにくい部位

皮膚のたるみがかなり進行している場合や、元々たるみや脂肪が少ない場合は、効果が実感しづらいです。

・まぶた・首のたるみにハイフは向いていません。
顔全体に脂肪が少ない方は、老けて見えることがあるので注意が必要です。

効果がわからない方

効果には個人差があるので、中には効果がわからない…といわれる方もいます。
しかし、安心してください!
ハイフは施術後に時間をかけて徐々に老廃物を排出していきます。
直後に効果がわからなくても、継続することによって、効果の実感はできるようになります。

部位別でのダイエット効果

ハイフはたるみ改善・リフトアップが期待できることが話題ですが、ボディケアとしても最適なのです。
切らない脂肪吸引と言われるほどの、部分瘦せが可能なので、ウエスト、二の腕、太もも、お腹など瘦せたい部分に施術を行う事で理想のボディラインを手に入れることができます。

お腹などのボディライン

身体のたるみの原因のほとんどは、繊維組織の劣化減少です。
脂肪層まで十分に熱が入れば脂肪細胞が破壊され、周囲のコラーゲン繊維組織にも損傷が生じます。
コラーゲン線維芽細胞は、損傷したコラーゲン繊維を修復しようと強固なコラーゲン繊維組織を作り出していきます。
これによって照射部位の引き締め効果や、身体のたるみ改善がされます。

個人差によりますが、お腹のボディラインなど脂肪が分厚い部位は、照射後緩やかに脂肪が排出されて行くため、すぐに効果が実感できにくい部位でもありす。
ハイフを定期的に施術を受けることが大切です。

施術後は

施術後、ダメージを受けた細胞は老廃物とともに体外に排出されます。
体内の水分量が足りないと、うまく排出されません。
体内の水分バランスを整えて、スムーズに排出を促すとハイフの効果を実感しやすくなります。
ジュースなど糖分が多い飲み物、コーヒー、エナジードリンクなどのカフェインが多い飲み物、アルコール、冷たい飲み物は控えてください。
同じ部位への施術は2週間はあけてください。

より効果を高めるには

せっかくハイフを受けたのであれば効果を高めたいですよね。
効果を高めるには…

・適切な間隔で繰り返し施術をおこなう。
初めての方は2~3週間に1回を3か月間継続する事をおすすめします。
その後は、状態に応じて1ヶ月に1回のメンテナンスに切り替えていくと効果の持続性があがります。
・水分補給をする。
水分を摂取すると、老廃物が体外に排出されやすくなるとともに、ハイフで乾燥しやすくなっているお肌に潤いをあたえて乾燥予防にもなります。
水分を取る際に気を付ける事は、コーヒーやジュースではなく水を飲むようにしてください。
一度に大量に飲むのではなく、こまめに飲んでください。
継続的な施術と水分補給で効果をより実感できます。
それと同時に、自己管理も大切になります。
施術後は食べ物の吸収率が高くなっているため、2時間は食事を控えてください。
また、当日は甘い物、脂っこいもの、アルコールなどもなるべく避けてください。
日頃から有酸素運動をしているとと効果も上がります。

まとめ

ハイフは、超音波を脂肪層の深さに焦点を合わせて照射します。
それにより、脂肪に直接働きかけます。
また、一度ダメージを受けた脂肪細胞は老廃物となり体外に排出されてしまった後に、再度復活することはありません。
その為、通常のダイエットに比べるとリバウンドしにくく太りにくく部分瘦せが可能なので、自力では瘦せにくい部位を施術してみてはいかがでしょうか?