BLOG ブログ

男性の脱毛部位はどこからやるべき?シーン別で優先順位をつけるべき

男性の脱毛部位はどこからやるべき?シーン別で優先順位をつけるべき

様々な脱毛部位が有りますがどこから手を付けるべきか悩みますよね。。
個人差はありますが、女性よりも男性の方が体毛が濃いのが一般的で、
男性には生えていて当然という部位もありますが、女性から見て、評判が良くない部位も多くあります。
大手のクリニックのメンズ脱毛ランキングを参考にそれぞれの部位についてお話します。

脱毛部位人気ナンバーワンは"ヒゲ"

メンズ脱毛で圧倒的な人気のヒゲ脱毛。
毎日のお手入れの煩わしさから解放されたいですよね。
カミソリ負けからの肌荒れなどの心配もなくなります。
無精ひげの顔より、清潔感のある顔の方が素敵ですよね。
鼻の下は残して顎下だけを脱毛したり希望のデザインも可能です。


ヒゲ脱毛の特徴は?

濃いくて太く、毛根が密集していて伸びるのが速いのが特徴です。
朝に処理をしたのに夕方には、じょりじょりする…なんて話しをよく耳にします。
その為、1度の施術で効果を実感しづらいかもしれません。
個人差もありますが、半年~1年以上の長い期間施術が必要となります。

脱毛部位の中でも今巷で人気の”VIO”

女性の間では、当たり前になりつつあるVIO脱毛ですが、男性にも少しずつ広がりつつあり、当サロンでも男性のお客様が増えています。

Vライン おへそ下辺りから足の付け根辺りまで。
Iライン 陰茎周りと陰嚢部分
Oライン 陰嚢裏から肛門回りまで

アンダーヘアーは、ニオイやムレの原因にもなります。
自己処理がむつかしい部位になりますので、サロンに通う方が増えています。



VIO脱毛の特徴は?

他の部位の毛に比べると太さもあり、色も濃いです。
脱毛機の光は、毛や肌のメラニン色素に反応するため、皮膚も薄く太く濃い毛が密集しているVIOは痛みを感じやすいかもしれません。
皮膚の厚さや毛質、毛量だけでなく、デリケートゾーンの黒ずみも痛みの原因にもなります。
何回か施術を繰り返していくと、毛質も変わり細く薄くなっていくので、徐々に痛みの感じ方も落ち着いてきます。


脱毛部位で圧倒的に清潔感が出る”ひじ下”

半袖シャツを着る季節になると気になるのが、ひじ下。
清々しい装いでも、もじゃもじゃの毛が目立ってしまうとイメージダウンですよね。
自己処理がしやすい部位ですが、剃った翌日にはチクチクとした毛が生えてくるので脱毛をおすすめしたいです。

毛が薄いとお肌もキレイに見えるし、筋肉を大きく見せる効果もあるので、男らしさを演出する事ができます。



ひじ下の特徴は?

痛みも感じにくく、脱毛しやすい部位です。

ひじ下脱毛でも、手の甲や指は含まれていないサロンもあるようなので注意が必要です。
また、ひじ下、ひじ上というように、パーツでわけているサロンもあります。
ひじ下はツルツルになっても、ひじ上はそのまま。
というアンバランスな事にならないように、トータルで考える方が良いと思います。
半袖だとひじ上も見えますので、腕フルの施術をおすすめします。

脱毛部位の中でも隠れ人気は”胸毛”

アンケートに答えてくれた女性の9割近くが胸毛はNG!との結果だったそうです。
胸元の開いたシャツを着たり、アウトドアなどで水着になる時に周囲の目が気になりませんか?
あると無いとでは、印象も違ってきます。


胸毛の特徴は?

人によって範囲が変わる部位になります。
胸毛を脱毛するメリットは、やはり清潔感です。
見た目の清潔感だけでなく、蒸れや汗からの肌トラブルも予防できます。

脱毛部位で夏に行うなら”ひざ下”

春から夏にかけて露出が多くなるひざ下。
ハーフパンツをはくと、目立ってしまうけど、毎日の自己処理も大変ですよね。
自己処理も、肌を傷つけたり、肌トラブルの原因になります。
ムダ毛の悩みから解放されたいなら脱毛がおすすめです。

ひざ下の特徴は?

膝、ひざ下は脂肪が少なく、骨に近いので、他の部位に比べると痛みが感じやすいかもしれません。
初めは痛みを感じても脱毛を続けていると、毛も薄くなり痛みの感じ方も和らいできます。
夏にハーフパンツをはきたい人は、早めに脱毛をする事をおすすめします。

まとめ

どの部位も言えることですが、毛が伸びた状態で施術すると、光が過剰に反応して火傷を起こしてしまう可能性があります。
肌質や毛質は一人一人違うので、効果の出方にも個人差はあります。
脱毛はすぐに効果が得られるものではありません。
まずは、定期的に施術を繰り返すことが効果を得る早道になります。
今回は、どこからやるべきか…についてお話ししましたが、少しでも参考になれば幸いです。