BLOG ブログ

ハイフの効果は実際どれくらい持つの?効果の持ちや気になる痛みについても徹底解説

ハイフの効果は実際どれくらい持つの?効果の持ちや気になる痛みについても徹底解説

皆様、ハイフとは何かご存じでしょうか?
「切らない脂肪吸引」といわれているの今、巷で人気のハイフです。
たるみや肌質改善にも効果があると言われています。どのような施術方法なのか、ダウンタイムや、効果など気になる点についてお話します。

ハイフとは何?その効果はどうなの?

ハイフは、高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)の頭文字をとって略したものです。
超音波を一点に集中して照射部位を瞬間的に高温(65度~70度)にすることで脂肪細胞の破壊やコラーゲンの生成が行われます。
人間の皮膚の層は深い方から、筋肉・SMAS筋膜・皮下脂肪・真皮・表皮となっています。
このうちのSMAS筋膜は、皮膚を根底からささえている繊維状の筋膜組織です。
このSMAS筋膜が緩むとお顔の表面がたるんできます。
ハイフは浅い層の真皮だけではなく深い層のSMAS筋膜までアプローチできるので、肌質改善や肌の弾力アップ、たるみ等のリフトアップ効果が高く、フェイスラインのもたつきや、ほうれい線、目元、頬のたるみが改善されたり、シェイプアップやバストアップ効果なども得られます。

ハイフの効果はいつから実感できる?

ハイフの効果は個人差もありますが、施術直後から実感できる方も多いです。
お腹のボディーラインなど脂肪が分厚い部位は、照射後緩やかに脂肪が排出されていくため、定期的に施術を受けた場合、6回目位から効果を実感しやすいです。

ハイフの効果は実際どの位持つの?

個人差もありますが、約3週間から1か月程です。

ハイフの効果を出すためには、初めて施術をされる方は2~3週間に1回を3か月間継続していただくことをお勧めしております。
その後は状態に応じて、1か月に1回のメンテナンスに切り替えていくと効果の持続性があがります。



ハイフの痛み、副作用は、あるの?

痛みの感じ方は個人差もあり、お肌や体調の状態によっても異なり、施術部位やアプローチする層によっては、チクチクと刺すような痛みを感じる方もいます。
特に目の周りや、皮膚が薄い部分は痛みを強く感じやすいです。
稀に施術直後に赤みが出たり腫れたりする事がありますが、数日以内でほぼ消えます。
痛みを強く感じるようでしたら出力調整をしながら施術もできますのでご安心ください。




ダウンタイムはありますか?

ハイフは、適切な施術をすれば、基本的にダウンタイムはほとんどありません。
施術直後にメイクも可能です。
ただし、強く照射を当てると、赤みや腫れ、むくみがたまに出ることがあります。

ハイフの施術後に気を付ける事は?

〇水分をしっかりと取ってください!水分を多くとることでデトックス効果が高まります。
〇施術当日は、激しい運動や、日焼けなど発汗したり体温が上がるような行動は控えてください。
また、脱毛や光エステを同じ部位に行う場合は、2週間は空けるようにしてください。
〇施術直後は、食べ物の吸収率が高くなっているため、2時間程は食事を控えてください。
また、施術当日は、甘いもの、脂っぽいもの、アルコールなどもなるべく避けてください。
〇施術したことにより、一時的に皮膚の水分が奪われるので、お肌が乾燥しやすくなることがあるので、保湿を心がけてください。
〇たるみやしわ、シミなどの原因になる紫外線によるダメージを避けるため、日焼け止めを塗り紫外線対策をしっかり行ってください。
〇同じ部位の施術は2週間は空けてください。(部位が異なれば期間を開けなくても大丈夫です)

下記に当てはまる人は施術ができません。

妊娠中・授乳/心疾患・ペースメーカーを使用している方/三半規管の弱い方/悪性腫瘍のある方/難聴の方
施術部位にヘルニアのある方/てんかん発作の既往歴がある方/血栓・血管に疾患のある方
常用薬のある方

下記に当てはまる部位は施術できません。

日焼け直後など肌が熱を帯びている部分/完治していない傷跡/金属ステント・埋没物(ブリッジ、ボルト)がある部位(銀歯・インプラント可)/コラーゲン・ヒアルロン酸・ボトックス注入をしている部位(注入後2週間経過後から施術可能)/外科的手術を行った部位(術後6か月経過後から施術可能)/重度のニキビのある部位/アトピー性皮膚炎及び皮膚炎症を起こしている部位/まぶた(眼球)・粘膜/鎖骨や肘・膝などの骨が出ている部位/ヘルペスなどの感染症を起こしている部位

ご自身が施術可能かどうか、カウンセリングでしっかりと確認してください。

まとめ

今回は、たるみや肌質改善に効果のあると言われているハイフについてのお話でしたが、ご理解いただけたでしょうか。
エステサロンでも扱えるハイフは、本来医療機器であるハイフをエステ仕様の美容マシンにしているため、医療機器より、出力が弱いのが特徴です。
かと言って、効果がないわけではないありません。
出力が弱くてもアプローチする場所は同じなので、効果も実感でき、痛みが少ない安全性の高いハイフですので安心してご利用ください。
当サロンのハイフは、お顔だけでなく、ボディーも施術できますのでご相談ください。