BLOG ブログ

太陽光による日焼けは老化の大敵。肌老化を回避する紫外線対策とは?

太陽光による日焼けは老化の大敵。肌老化を回避する紫外線対策とは?

いきなりですが、日焼けは老化の原因になるとまで言われています。なんと肌老化の約8割が紫外線にあるそうです!!日焼けで老けるのはなぜ?日常で取り入れる紫外線対策方法についてお話します。

肌老化の原因は日焼け?光老化のしくみ

日焼けする光線は、目には見えない紫外線で、大きく2つの種類、「UVA」と「UVB」にわけられます。
「UVA」は日焼けを促進する働きのある紫外線。
「UVB」は日焼けのきっかけになる紫外線です。

肌老化に大きく関係するのは「UVA」であり、このUVAは肌の深部に届き弾力を保つコラーゲンやエラスチン、更には細胞の遺伝子にまでダメージを与えてしまいます。
その結果、シワ・たるみなどの老化現象(光老化)がおきます。

もう一方の「UVB」は肌に炎症を起こし、メラニンの生成を促すのでシミの原因にもなります。
特徴としてはUVBは、波長が短くて、晴れの日以外は地上に降り注ぎません。
UVAは、波長が長く雲を通過し天気の悪い日でも地上に届きます。
UVAの量はUVBの量の20倍と言われているので、老けないためにはUVA対策がとても大事です。


肌老化を防ぐには日焼け止めで紫外線対策!

日焼け止めに表示されているPAはUVAカットの効果を表しています。
PAに続く「+」の数が多いほどUVAを防ぐ効果が上がります。
通勤やちょっとした買い物にはPA++~+++を選び、海や山、屋外のスポーツ観戦など、紫外線を多く浴びる時はPA++++を選ぶと良いと思います。
晴れた屋外はUVBの量も多くなり、UVBカットはSPFで表示されているので、SPF50がおすすめです。
日焼け止めは、薄く塗った程度では効果が発揮できないので、伸びがあり薄くつく日焼け止めでも、たっぷりと塗ってくださいね。
日差しを浴びやすい顔や手、首、肩などは、しっかりと重ね塗りが良いと思います。

天気に関係なくUVA対策を!

UVAは波長が長く、曇や窓ガラスまで突き抜けてしまいます。
曇りの日や雨の日でも日焼け対策をするようにしましょう。
毎朝のスキンケアの時に日焼け止めを塗るように心がけましょう。

日焼けマシンはどうなの?

日焼けマシンの人工光線は、地中海などの温暖なリゾート地の太陽光線をモデルに可視光線、赤外線、少量の紫外線を組み合わせてもっとも健康的な太陽光線と同じ組織に作られています。
肌を日焼けさせる紫外線A派と少量のB派が皮膚生理学的に安全な状態に配分されています。

「日焼け」といっても、肌に与える影響は全く違うのです。

人工的に作られた安全な光ですが、全く無害とは言い切れないので、日焼けマシンを利用する時は、光線を浴びる時間を自分の肌質に合わせて安全に使用しましょう。

日焼けを放っておく肌老化のリスク

〇深く長いシワやシミ、そばかすができる。
〇乾燥肌になる。
〇皮膚が厚くごわつく。
〇ハリ、たるみの原因になる。

シワ・たるみなどは、加齢による自然老化と光老化両方に現れますが、自然老化による影響は2割程度で、8割が光老化による影響なのです。
また、皮膚がんに関しても8割程度は、日光に当たる部位に発症すると言われます。
光老化は紫外線対策をすることで8割は防ぐ事ができるのです。

日焼けによる肌老化を防ぐには

先にもお話ししましたが、肌老化を防ぐには紫外線対策が重要です。
日焼け止めを正しく使いましょう。
日焼け止めは、1度塗ったらずっと持続するものでもありません。
外出時には常に日焼け止め持参してこまめに塗りなおしましょう。
首や手の甲、うなじなどにも忘れずに塗りましょう。

日々の基本的なスキンケアをしっかり行うことも、紫外線による肌老化の予防になります。
日焼けをしたら肌の水分量も減少し乾燥肌の原因にもなるので、化粧水などでしっかりと保湿することも大切です。



まとめ

日焼けが老化の原因になる。ということについてお話ししてみました。
肌が黒くなるのが嫌だから日焼け対策を行う為だけでなく、肌老化を防ぐためにも重要なことを理解していただけたでしょうか?
年をとっても若々しいお肌でいたいですよね!
その為には、今すぐ紫外線対策に取り組み、習慣にすることオススメします。