BLOG ブログ

脱毛中の日焼けはリスクが高い?日焼けから脱毛までの休息期間は?

脱毛中の日焼けはリスクが高い?日焼けから脱毛までの休息期間は?

脱毛中の日焼けに関して知っておいて欲しい事があるのでご覧ください。
脱毛を始める際に注意すべき点がいくつかありますが、その中の一つである日焼けには特に注意が必要です。脱毛中に日焼けをしてしまうとトラブルにつながることもあります。今回は脱毛中の日焼けのリスクや、その対策などについてお話します。

脱毛中の日焼けは要注意!そのワケは?

肌トラブルを起こさないためには脱毛期間になるべく日焼けをしないように心掛けることが大切です。
なぜ、脱毛期間中に日焼けをしたらダメなのでしょうか?

日焼け後のお肌は施術時の痛みに敏感

日焼けしたお肌は、一種のやけど状態になり、日焼けするまえに比べると敏感になっています。
また、敏感になっているお肌は、普段よりも乾燥しています。
日焼け対策をしないままで外出してしまい、日焼けをしてしまって、後になって皮がむけてきた!という経験もあるとおもいます。
これは、肌が乾燥してダメージを受けて剝離してきます。
このように、日焼けしたお肌は、やけどと乾燥で弱っている状態に光を照射すると普段より痛みを感じやすくなる可能性があります。

施術の効果が下がったり、施術できなくることもあります。

日焼けして色が黒くなってしまったお肌は、脱毛の光を過剰に反応させてしまいます。
脱毛機には黒色に反応する特性がある為、無駄に皮膚に照射されるため、ダメージも受けるし、せっかくの脱毛の効果が下がってしまうこともあります。
また、日焼け直後だと、日焼けの状態にもよりますが、お肌も過敏でもあるし、トラブルが発生することもあるので、施術をお断りすることもあります。
一度日焼けをしてしまうと、元の肌に戻るのに時間がかかります。
日焼け具合にもよりますが、2~3か月の回復期間を設けられ、その間は脱毛を受けれない場合もあります。

どの程度の日焼けなら脱毛ができるのか?

脱毛期間中は特に日焼けに注意が必要ですが、すべての日焼けがNGということでもありません。
夏などに海水浴や、プール遊びをする方や、健康的な小麦色の肌を保ちたい方などいます。
では、どの程度の日焼けなら大丈夫か説明します。

肌の色に大きな変化がなければ大丈夫!

日焼けしたお肌の判断は、基本は目視で確認します。
短時間の外出など日常生活での日焼けなど、焼けたとしても目立った日焼けになることは少ないとおもいますが、明らかに赤くなったり、黒くなったりと、服の下と露出している部分の色の差が表れるとなれば問題です。
逆に言うと、この差がわからない程度の日焼けであれば問題はないでしょう。
日焼け前と比較して肌色に変化がなければ大丈夫です。

また、脱毛部位以外の日焼けは施術に影響が無いので気にする必要はありません。
ただ、最終的に全身脱毛を行いたい場合には、日焼けの回復期間に注意が必要となるため、施術を予定している部位は焼かないように気を付けてください。


脱毛中にうっかり日焼けをしてしまった!!

日焼け対策をしていても、焼けてしまう事もあります。
脱毛中にうっかり日焼けをしてしまった場合、対処法は?
施術可能になるまでの休息期間はどのくらい必要なのでしょうか?

対処法は?

日焼けは一種のやけどです。
まずは、日焼けした部分を冷やしましょう。
冷やすことで炎症やほてりを抑える効果があります。
日焼けした肌は乾燥しているので保湿も大切です。
保湿成分を含んだ化粧水などで十分な保湿を心がけてください。
注意点として、日焼けした肌は敏感になっているので低刺激の製品を選びましょう。
また、ビタミンCには、抗酸化作用がありメラニンの生成を抑える働きがあり、日焼けの回復を早めてくれるので積極的に摂取しましょう。

脱毛をお休みする

日焼けが落ち着くまで、施術を控える必要があります。
サロンによっては日焼けしていても対応してもらえるところもありますが、肌への負担を考えると、日焼けが落ち着き肌の色がある程度戻るまでは、お休みしましょう。
日焼けの状態にもよりますが、自然回復であれば2~3か月かかります。
日焼け後のケアを行って回復を早めたとしても約1ヶ月位かかることもあるので注意が必要です。

即実践可能な日焼け対策

脱毛をするには、日焼けは好ましくない説明をしてきましたが、アフターケアやこのくらいの日焼けなら大丈夫というラインを確認することよりも、やはり事前の対策も大切です。
次は日焼け対策についてお話します。

日焼けの原因は紫外線。

まずは、紫外線に当たる機会を減らすことが大切ですが、紫外線は曇を透過するので曇りや雨の日でも気を付けてください。
日焼けを防ぐには、日焼け止めクリームを塗るのも効果的ですが、強力的な日焼け止めは刺激が強い成分が含まれている事も多いので肌トラブルの原因になる可能性もあるので注意が必要です。
基本的には、施術当日に日焼け止めを塗っていると機械が正しく毛根を判定できず施術の妨げになるため使用する事ができないという制約もあるので注意してください。
最近では、飲むタイプの日焼け止めもありますが、肌に直接塗らないので即効性は弱めです。
十分な効果を得るには、安定して服用しなければならないのでこちらも注意が必要です。
日傘やサンバイザー、帽子などで肌の露出を減らすと日焼け防止になりますし、UVカット素材の服を着るのもおすすめです。







脱毛直後の日焼けにも注意が必要です。

脱毛直後の肌は、乾燥しやすく、とてもデリケートです。
そこに紫外線を浴びると赤みや痛みなどの肌トラブルの原因になる可能性もあります。
施術直後は紫外線に肌に当たらないようにガードして、保湿をしっかりとするように心がけてください。

まとめ

今回は脱毛中の日焼けについて、施術前後は日焼けをしないようにする事や、日焼けをした時の対処法などに注意すべき点などをお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?
それぞれのサロンや脱毛の施術方法によって注意点が異なることもあるので、事前にカウンセリングなどを利用してしっかりと確認する事をお勧めします。