BLOG ブログ

綺麗な小麦肌を手に入れたいならアフターケアは念入りに!

綺麗な小麦肌を手に入れたいならアフターケアは念入りに!

日焼けしすぎた肌を放置していると大変なことに!
放置していると痒みや痛みが伴い後悔することになりかねません。。
適切なアフターケアをして、みずみずしいお肌が保てるように今回は日焼け後のアフターケアを紹介します。

日焼けサロン後のアフターケアは?

日焼けサロンで焼いた次の日から、おなかや背中が赤くなって痛い!など焼きすぎたかも!!って経験ありませんか?

日焼け後は軽いやけどをした状態となります。皮膚に熱を持つことで、体内にある水分が蒸発し肌が乾燥します。このお肌の状態をサンバーン(紫外線に当たると数時間後から肌が赤くなる日焼けの症状のことです。)といいます。
このサンバーンが起きた時に、かゆみや炎症を伴って痛くなります。サンバーンは、日焼けした後、大体24時間以内に現れ、2~3日くらいで徐々におさまってくるのですが、この2~3日の痛みつらいですよね。まず初めに対処法をお話します。

クールダウンして炎症を抑えましょう。

日焼けをしたお肌は、軽いやけどと同じで、炎症を起こしています。
まずは、できるだけ早く冷やし、お肌にこもった熱をさげるのが大事です。
タオルを濡らしたり、保冷剤を使用して、冷やすと良いでしょう。
保冷剤は、炎症がひどくなっている肌に効果的です。腫れや赤みがひどい場合には、保冷剤をガーゼやタオルに包み患部を冷やしてくださいね。
また、水分補給も一つの方法です。水を飲むと体温の急上昇が緩やかになります。こまめに水分を補給して、体温を内側から調整しましょう。




かゆいとき

かゆみが強いからといってかきむしるのはやめましょう。
かきむしることで、バリア機能を低下させてしまい、肌の内部にヒスタミンというかゆみとなる物質が作り出され、かゆみの悪循環になってしまうことがあります。
こうなってしまったら、低刺激のかゆみ止めの薬を塗ってください。

入浴は?

日焼けした当日や翌日ぐらいは、ぬるま湯のシャワーにして湯船につかるのは控えましょう。
硬いボディータオルを使うのはやめてボディーソープなど素手につけて優しく洗うようにしてください。
日焼け後、数日たってかゆみが出たときに、かゆいからと言って固めのボディータオルなどでゴシゴシするのは絶対にしないでくださいね!

保湿も大事‼日焼け専用のローションで乾燥した肌に潤いを

アフターケアでは保湿も大事です。
日焼け後は肌が乾燥して水分が不足している状態ですので、保湿をしっかりとしてください。
日焼け後専用アフターローション「ホロホロアフターローション」は日焼け後の乾燥したお肌にみずみずしさと弾力を与えお肌のきめを整えて、ハリツヤを与え日焼け後の火照りを鎮めるのでオススメです。
優しくたっぷりと肌になじませてあげてくださいね。

日焼けサロンで日焼けをする方が、美白化粧水を使う事も少ないと思いますが、美白化粧水
は刺激の強いものが多くいので日焼け直後の使用は気をつけてください。





まとめ

焼きすぎないことが一番ですが、もし焼きすぎた時に参考にしてくださいね。
日焼けのアフターケアは、なるべく早めに行うことが大事!
直後は何ともなかったとしても、日焼けのケアを怠って水ぶくれにならないように
帰ったらすぐにケアをするのを習慣にしましょう。